子どもの寝かしつけルーティーンにオススメ絵本!睡眠を誘う絵本の選び方

428 views

睡眠は子どもには重要!でも、寝かしつけに困っているお母さん多いようです!

毎日の子育てのイライラポイントに 絵本を取り入れてみよう!をテーマに進めていきます。

睡眠の大切さと、促しのポイントの記事も合わせて読んでください☆

寝かしつけルーティーン!! 読み聞かせのポイント

お風呂と夕食を済ませ、パジャマを着て歯磨きをしたり、寝る準備を促していきましょう!

この流れを作ってしまうことがポイントです。ここを乗り越えてほしい!!頑張りましょう!

寝る準備が終わった人から絵本を選びましょう!

約束事を決めておく

  • 1冊選ぼうね、どの1冊がいいかなぁ(1冊だけ、などと断定的な言葉は避けるべき)
  • 最後まで静かに聞く時間ね
  • お布団に横になって聞いてね
  • 途中でおしっこしたくならないように済ませようね(トイレも誘ってしまいましょう!)

約束を守ることの大切さを自然と身に付けましょう。約束を守れない場合は中断です。読みません!

「今日はおしまいにします、おやすみなさい」というように他人行儀で話してみましょう。

「やだー!!」なんて言ってくると思うので、どうしてママがこう言ったのかママの気持ちはどうだと思うか、自分はどうすればよかったのかなどを簡単に話します。淡々と。(←これポイント)

理解が出来ているようなら、もう一度読み始めます。

「お約束を守れなくてごめんなさい」「悲しい気持ちにさせてごめんなさい」だよねなどと話してください。

謝る場面は、どんなに小さい子どもでも、ただの「ごめんなさい」は言わせないように、心掛けてくださいね。

もちろん自分の言葉では言えないでしょうから、こちらで代弁して理由を述べてあげるようにすると、それが当たり前になり、理由のある「ごめんなさい」が言える子に育つはずです。

この場合は大きな声をあげて泣くことを避けたいので、簡潔に、素早く解決し、読み聞かせに移行したいですね。

絵本は選択肢の中から自分で選ばせる

自分で決めた絵本」というのは特別なもの。その喜びを大切にしましょう。

  • 睡眠導入読み聞かせ絵本は、寝る部屋に置く
  • こちらで選択肢を提示する(どっちがいい?)

同じ絵本を好む子もいるので、そこは見極めてください。

毎日違う絵本を選択するようなら、選択肢を提示するスタイルで。めんどくさくても、こちらが提示した1冊の絵本ではなく、2冊提示した絵本の中の自分で選んだ1冊にしてほしいのです。

肌をくっつける

肌をくっつけることで、子どもは安心感を得て、睡眠に入りやすくなります。

赤ちゃんのころから、愛着は大切

抱っこをしない歳に成長したとしても、この時間は意識してほしいと思います!

寝かしつけにオススメな絵本を紹介!

まず、絵本の選び方についてですが、寝かしつけという場面では、ドキドキ・ハラハラや、おもしろい・おかしいといったストーリーは避けたほうがいいですね。

寝かしつけに最適な内容としては、ゆったりと落ち着いた一定の流れのストーリー

有名な寝かしつけ絵本は検索すると出てきます。

おやすみ、ロジャー」などが人気ですね。

今回は、私の視点から、「おやすみ」というテーマで描かれていない絵本ですが、子どもたちからも人気の絵本をいくつか紹介させて頂きます。

もりのなか ✎マリー・ホール・エッソ(1歳2歳ごろ~)

こちらは珍しい、モノクロの絵本静かに物語が進んでいきます

森の中で様々な動物たちと出会って、遊んで…優しい、愉快なお話で、最後には大好きなお父さんがお迎えに来てくれます。

「きっと またこんどまで まっててくれるよ」

夢のようなひと時を感じられ、モノクロなのに温かい気持ちが伝わる不思議さを感じられます。

もりのなか 私物

またもりへ ✎マリー・ホール・エッソ(1歳2歳ごろ~)

こちら、「もりのなか」の続編の絵本です。

「もりのなか」同様、モノクロで描かれる不思議な空間ですが、子どもが惹き付けられる魅力があります!

こちらは、動物たちと得意なこと比べをするお話し。

ぜひ、「もりのなか」とセットで持ってもらいたい絵本です。

またもりへ 私物

チリとチリリ ✎どいかや(3歳ごろ~)

チリとチリリが自転車に乗って、森の中のいろいろな場所へ向かうお話。

ワクワク ドキドキの冒険物とは少し違って、「チリチリリ チリチリリ」と自転車を進めながら ページを進めていく、ほんわかする内容が魅力的

優しい雰囲気の絵も素敵です。

そして、このチリとチリリはシリーズがたくさんあります!

このシリーズを繰り返し読み聞かせるのが好きでした♪

このシリーズを揃えて、睡眠導入絵本として寝室に置かれるのはどうでしょうか。

チリとチリリ シリーズをおすすめ

チリとチリリ うみのおはなし

第二弾は夏にぴったりの爽やかな冒険が待っています。美味しい食事と優しい素敵な出会いと、可愛らしいお土産と…今回のお散歩もとっても素敵です♪

チリとチリリうみのおはなし [ どいかや ]

価格:1,320円
(2021/11/28 20:03時点)
感想(47件)

チリとチリリ まちのおはなし

チリとチリリが自転車に乗って、まちの中を探検。お花で染めた糸を使って織物屋さんですてきなマフラーを編んでもらい、幸せいっぱいの一日です。

チリとチリリまちのおはなし [ どいかや ]

価格:1,320円
(2021/11/28 20:16時点)
感想(37件)

チリとチリリ はらっぱのおはなし

第四作目は身近なはらっぱでのおはなしです。虫たちの後をついていきながら、二人が体験する不思議で素敵な一日を描いた絵本です。

チリとチリリはらっぱのおはなし [ どいかや ]

価格:1,320円
(2021/11/28 20:22時点)
感想(27件)

チリとチリリ ゆきのひのおはなし

第五弾の季節は冬!初雪が降り始めたところから、お話が始まります。どこに行っても、そこをほっこりあたたかい場所にしてしまうチリとチリリのほんわかする物語。

チリとチリリゆきのひのおはなし [ どいかや ]

価格:1,320円
(2021/11/28 20:30時点)
感想(18件)

チリとチリリ ちかのおはなし

第一作目の発売から10年が経ち、発売された物語六作目は、地下!なんとチリとチリリの自宅が初公開!!チリとチリリの家の地下で、心躍る素敵な冒険を楽しめます♪

チリとチリリちかのおはなし [ どいかや ]

価格:1,320円
(2021/11/28 20:36時点)
感想(7件)

チリとチリリ あめのひのおはなし

今回はありそうで無かった、雨の日のおはなし。憂鬱な雨の日も、チリとチリリにかかれば、魔法のようにキラキラな一日へ変わります。穏やかな気持ちになり、雨の日が待ち遠しくなる物語。

チリとチリリあめのひのおはなし [ どいかや ]

価格:1,320円
(2021/11/28 20:40時点)
感想(3件)

チリとチリリ よるのおはなし

こちら、シリーズ八作目、2021年9月14日に発行された新刊です!!満月の夜に起こった不思議な物語。少しドキドキ、いつもとちょっぴり違うふたりの冒険、その表現の違いも含めて楽しんでください。

チリとチリリ よるのおはなし [ どい かや ]

価格:1,320円
(2021/11/28 20:47時点)
感想(1件)

私の独り言~寝かしつけの大変さ~

今回の絵本の紹介はこのくらいに。私の好みが全快になってしまいました…

寝かしつけが嫌だ、というお母さんが多いらしいのですが、寝かしつけの読み聞かせが出来る時期は限られています。

苦痛だ、大変だと感じずに、親子でゆったりと、穏やかな時間を過ごしてもらいたい。

切実に感じるのです。えらいこと言ってすみません…

ただ、私も園児のお昼寝時間でさえ、添い寝をしていると眠たくなってしまいます。家事や仕事で疲れてからの、添い寝からの、読み聞かせは寝てしまう…その気持ちはすごく分かります。

毎日頑張っていて素晴らしい。本当に頭が上がりません。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

hachi

hachi

絵本大好きhachiです!

幼稚園教諭として10年ほど働いておりました♪
幼稚園教諭・保育士・小学校教諭の資格を持っています!

発達障害児の支援や子育て支援事業にも携わった経験を活かして、絵本の魅力や、絵本を子育てにうまく取り入れる方法などを発信していきます!

子育て・保育に関して、相談に乗れるような場所を作りたいと思っています♪

FOLLOW

関連記事

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA